結局どういうメカニズムで脂肪をとるの?

脂肪融解注射の仕組み

脂肪融解注射は、脂肪をとりたい部位に直接注射をして、薬液を注入します。そして、薬液の効果によって、脂肪を燃焼させたり、溶かしたりすることによって、脂肪細胞そのものを減少させることができます。
脂肪細胞は、思春期の頃に数が決まり、その以降あまり数の変動がないと言われています。通常、ダイエットをした場合でも、脂肪細胞を小さくすることはできても、なくすことはできません。しかし、脂肪融解注射によって、脂肪細胞そのものを減少させることで、リバウンドのリスクが軽減されます。
以前は、脂肪細胞を減らすためには、メスで皮膚を切り開き直接細胞を取り除いていました。しかし、脂肪融解注射によって、身体への負担が大きく軽減されました。

脂肪融解注射の成分について

クリニックによって配分に差がありますが、脂肪融解注射は、フォスファチジルコリンやL-カルニチンなどの成分が含まれています。
フォスファチジルコリンは、大豆に含まれるレンチンという成分から抽出したもので、以前から、高脂血症の治療などに使用されていました。また、人間の細胞壁にも含まれています。L-カルニチンは牛肉の赤身などの食品に含まれる栄養素で、サプリメントとしても注目させています。
フォスファチジルコリンが、脂肪を分解し、脂肪酸を遊離させます。そして、L-カルニチンが、遊離された脂肪酸をミトコンドリアに運ぶことで、脂肪酸が燃焼されエネルギーに変換されます。そして、老廃物は、リンパ液に乗って自然と排出されます。