脂肪を溶かして本当に安全なの?その副作用は?

注射で脂肪を溶かす仕組み

脂肪溶解注射を使えば簡単に脂肪を溶かして除去する事が可能です。脂肪溶解注射は安全性も高いので、注射をする事による副作用なども少ないのが特徴です。脂肪を溶かす主な成分はホスファチジルコリンという成分で、大豆から作られる成分なので体への悪影響は殆どありません。ホスファチジルコリンによって分解された脂肪は老廃物として体の外へ排出されていきます。脂肪溶解注射による減量では注射のみで施術が完了するので、施術による体へのリスクもダウンタイムの負担もほぼありません。安全性が高い施術ではあっても施術を受けた後に絶対に問題が発生しないとは限らないので、施術を受ける時は医師に注意点等をしっかり聞いておく事が大切です。

溶解注射でダイエットする時の特徴

溶解注射は脂肪吸引のように一気に大量の脂肪を除去する事は難しいですが、脂肪を取りたい場所をピンポイントで選んで注射できます。その為本来難しい部分痩せを簡単に実現できる特徴があります。逆に大量に体から脂肪を取り除きたい場合は脂肪吸引などの外科手術を選択するか通常のダイエット方法を選択するべきです。一回の施術で使用できる注射の量には限度があって一度で希望通りの効果を発揮するケースは稀なので、複数回脂肪溶解注射を打って希望通りの効果が得られます。脂肪が溶けて分解された場所では若干の内出血や腫れと共に痛みが出ますが、一週間ほどで収まります。痛みの出方は人によって違うので、あまりに激しい痛みが生じた時は医師に相談するべきです。