脂肪溶解注射がすごいって本当!?

リバウンドの原因を身体から追い出す!

食事から摂りすぎたエネルギーを脂肪に変化させたうえで身体にストックしておくのが、白色脂肪細胞の役目です。ある程度は身体にとって必要な存在ではありますが、脂肪を蓄えてしまうことから肥満の原因として扱われています。運動と食事で目標体重をクリアしたとしても、白色脂肪細胞の数は変化していません。つまり、食習慣などに気を配っていないといつ再び太りはじめてもおかしくないということです。しかも、いったん大きく膨張した経験のある脂肪細胞は、リバウンドしやすいという性質を獲得してしまいます。リバウンドを回避するなら、皮下脂肪を溶かして白色脂肪細胞ごと尿や便と一緒に出す効果を持っている脂肪溶解注射を打つのが最適です。

部分痩せで必要な脂肪を残す

女性らしい優美さのある肉体を作り上げるためには、脂肪の量もある程度は必要です。特にダイエットで痩せてしまいやすいのが、ほとんどが脂肪で構成されているバストでしょう。二の腕やお腹などの脂肪はあまり落ちなかったのにもかかわらず、胸の脂肪だけが減ってしまったという経験をした女性も多いのではないでしょうか。脂肪溶解注射なら、胸などの脂肪をそのままの状態にしつつ、本当に邪魔な脂肪だけをピンポイントで減らせます。身体の脂肪の量を少しずつ調整できるので、全身のバランスを容易に改善できますし、運動では落ちにくいセルライトとの相性も抜群です。脂肪溶解注射は大豆や卵黄などのレシチンを使っていますが、最近は植物性由来の新しいタイプの注射も出ています。